原発問題を現実的に解決する会

東日本大震災で亡くなられた全ての皆様のご冥福をお祈りいたします。当会は原子力発電の問題を解決するために現実的と思われる段階的な廃止を求めています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

当会の発足の意味と基本方針

人気ブログランキングへ


当会の発足の意味
東日本大震災で亡くなられた全ての皆様のご冥福をお祈りいたします。今回の原子力発電所の事故によって原子力発電は推進か廃止かという極端な二元論で語られるようになってしまいました。当会は原子力発電の現実的な廃止運動をすすめるため、段階的な廃止を求めています。

こちらの記事も御覧ください。
デモについて
当会の活動の支援について
原発アンケート 原発を推進しますか?


基本方針
①現状は原子力発電の現実的かつ段階的な廃止を求めていきます。
②稼働中の原子力発電所の安全点検の徹底と安全性向上を求めていきます。
③実際に原子力発電を廃止させるために真面目な運動をします。
④経済や国益をよく考慮し二元論的で性急な廃止運動にはしません。
⑤原子力発電に変わる代替エネルギーの開発も積極的に要求します。
⑥原子力発電の事故で被災した地域の支援も目指します。

基本方針に賛同される方は一緒に原発問題を解決しませんか?

---------------------------------
※当会はSNSサイトmy日本のコミュニティ「原発問題を現実的に解決する会」のメンバーによって発足しました。
会員はこれから募っていきますが今からでもmy日本のコミュニティ「原発問題を現実的に解決する会」に入れば参加することが可能です。
スポンサーサイト
  1. 2030/05/09(木) 12:06:58|
  2. 基本方針(最初にお読みください)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

反原発デモに愛国者も日の丸を持って集まろう!

人気ブログランキングへ

愛国者も反原発デモに日の丸を持って参加しよう!
http://611shinjuku.tumblr.com/

上記のページを見てください。
6・11に全国で同時多発的な反原発でもをおこなうようです。
私も現状においては段階的に脱原発を目指したほうがいいと思っています。
しかしながらこの反原発デモにおいては

**************************************************

私たちは以下の5つの項目を日本政府に要求します。

1.稼動中の原発の停止
2.定期検査中等で停止している原発を再稼動しないこと
3.原発の増設中止
4.児童の許容被曝量20ミリシーベルト/年の完全撤回
5.原子力発電から自然エネルギー発電への政策転換

**************************************************

という極端な要求をうたっています。
これでは経済や電力需給といった国益を考えずに
いきなり全ての原発をヒステリックに中止要求することと変わりません。

また何故かこの反原発ページでは

デザインされたハングル語が乱れ飛び
マガジン9条などというコラムが掲載されています。


ハングル語と憲法9条が日本の電力エネルギー政策に
何の関係あるのでしょうか?

そこで原発問題を現実的に解決する会では

*******************************************

①現状は原子力発電の現実的かつ段階的な廃止を求めていきます。
②稼働中の原子力発電所の安全点検の徹底と安全性向上を求めていきます。
③実際に原子力発電を廃止させるために真面目な運動をします。
④経済や国益をよく考慮し二元論的で性急な廃止運動にはしません。
⑤原子力発電に変わる代替エネルギーについても積極的に検討します。
⑥原子力発電の事故で被災した地域の支援も目指します。

********************************************

という、より現実的な目標を掲げようとしています。
また、国益をまもり国を愛する心も忘れないように考えています。
そこで6・11の反原発デモに我々も
国旗と冷静な主張を書いたチラシを持って参加
しようと考えています。

ご同行していただける方がいましたら是非よろしくお願い申し上げます。


↓↓↓↓↓↓イベントについて↓↓↓↓↓↓


6月11日(土) 13:00~長丁場なので途中で帰ってもOKです。

新宿駅東南口集合(エスカレーター下に集合)
SNSのmy日本が毎週日曜日にチラシ配りをしている場所です。
国旗をもってお待ちしています。

そこで軽く打ち合わせをしたあとに
14:00~の反原発デモに合流します。

参加者の希望の場合はできるだけ
genpatugenjituアットマークyahoo.co.jp
までメールください。
雨天中止などをお知らせします。
(アットマークの部分を英語3文字に直してください。)

国益を重視する人で現実的な脱原発を考えている人は参加できなくても拡散お願いします!
ただ、単純に原発に反対で参加してしまった人達が反日的な反原発に巻き込まれないようにしよう!
  1. 2011/06/09(木) 11:48:43|
  2. 反対運動について
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

フランス、サルコジ大統領 「原子力か原子力以外かという二者択一の議論ではない

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110527/amr11052700240000-n1.htm

【ドービル(フランス北西部)=酒井充、柿内公輔】原子力政策で幕を上げたG8。日本からの報告がこれほど関心を集めたのは異例だ。だが各国の思惑はさまざま。菅直人首相は原子力安全に関する国際会議を開催する意向を表明したものの、事故対応が不十分なまま、思いつきのように再生可能エネルギー重視戦略を振りまく姿に、冷たい視線が集まり始めた。

 サミット最初の行事、昼食会での菅首相への扱いは異例の「厚遇」だった。日本の首相がサミット行事の冒頭で発言したのも「おそらく初めて」(日本外務省)。各国からお見舞いや激励の言葉が寄せられた。

 問題は、何をメッセージとして発信したか、だ。

 目玉は、原子力安全の国際会議を日本で開催すると言及したこと。事故対応で失態を重ねるなか、各国の信頼を取り戻したい首相の思惑が透けて見えた。

 ただ、せっかくの首相のアイデアも「?」だ。

 肝心の福島第1原発の安定化にたどり着けていない現状で、来年後半の国際会議開催が見通せるのか。「事故が収束していない段階では国際会議を開きたいと言っても説得力に欠ける」(政府高官)との判断から、開催時期は「来年後半」に設定したが、今後、第1原発の安定化に予想以上の時間を費やしたり、新たな問題が発生し、結局開催に支障がでれば、失うものは大きい。

政権基盤が極めて不安定な菅首相が1年半も先の会議開催を呼びかけたことも奇異な印象を残した。

 冒頭発言では、現在進行形の原発事故対応よりも再生可能エネルギーの推進に力点を置いた。「太陽光パネル設置を1千万戸」と具体的数字まで語って、前のめりになった首相に、各国の反応は外交辞令の域を出なかった。

 サミット前日に行われた議長国フランスとの首脳会談では、菅首相の再生可能エネルギー重視の発言は、サルコジ大統領からほぼ無視され、「原子力か原子力以外かという二者択一の議論ではない」との持論でくぎを刺された。

 首相同行筋は「サルコジ大統領も再生可能エネルギー推進を前提としている」と2人の立場に違いはないというが、原発を主要な輸出産業としているフランスにとって、原発事故の当事国にもかかわらず、原子力安全についてほとんど語らない首相のふるまいは、とても受け入れられなかったようだ。

 他方、脱原発に傾く諸国は、日本の原発政策の将来像が見えないことに不満を募らせていた。ドイツは原発回帰路線から、日本の事故で再び脱原発路線に逆戻りする最中で、首相の発言に注目してきたが、日本の態度はあいまいなまま。ドイツなどの“期待”は満たされなかった。

 そもそも、二転三転する日本の原発事故への対応や情報開示の不手際で、日本はエネルギー政策は信用を失ってきた。思いつきのエネルギー政策では、各国の冷ややかな反応は変えられそうにない。

*********************************************

原発を日本に売っていたフランスのサルコジにとっては寛容できない話だったのであろう。
一方日本の菅直人も実現の保障がまるでない空理空論を振りかざしてる。
どちらも日本の将来のことなど考えていない。フランス大統領が日本のことを考えないのは当たり前だが。

  1. 2011/05/29(日) 12:51:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

国会議員事務所に原発の代替エネルギーと安全点検を求める陳情

人気ブログランキングへ


国会議員事務所に原発の代替エネルギーと安全点検を求める陳情をおこないました!
詳しい陳情内容はこちらの実際に出した陳情書の文面で確認できます。

陳情書の文面←クリックしてください。


意外だったのはマスコミが原発推進派のように報道している議員も原子力に代わる代替エネルギーを開発を模索していて、10年という長いスパンではありますが、代替エネルギーへの移行を段階的にすすめていく考えを示していました。

ブログの読者のなかには我々に迎合したのだろうと疑う人もいるかもしれませんが、まだ発売されていないオピニオン誌での投稿文に頂き、そこにそのような主張を既に書かれていたので間違いないと思います。

どうも推進・廃止という極端な二元論を大手のマスコミが煽っている側面があるような気がしてなりません。
国民は簡単には騙されません!
大手メディアは馬鹿にしないでいただきたい!

これからも「原発問題を現実的に解決する会」ではそういった言動に惑わされずに経済や国益、エネルギー政策も考えながらの現実的で段階的な脱原発を目指していきます。




陳情した国会議員事務所

菅直人 渡辺喜美 河野太郎 谷垣禎一
麻生太郎 鳩山由紀夫 平沼赳夫 高市早苗
安倍晋三 石原伸之 小泉進次郎
佐藤正久 有村治子 西田昌司 などほか多数の議員

(全てではありませんが面会表を撮影しましたので参考にしてください。)


陳情事務所①
陳情事務所②
陳情事務所③
陳情事務所④





↑投票結果をクリックするとコメント等も見れます↑
  1. 2011/05/25(水) 01:50:58|
  2. 発表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑いですね!最高のホラーをお届け!その名も「オンカロ」

人気ブログランキングへ



NHKBS20110224 地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~(Into Eternity)  from open_box on Vimeo.



ホラーはお好きですか?私は昔から好きなんですよ。
オカルトは全く信じない性質なんですが何故か好きです。
どんなホラーが好きですか?血が出たりすることで怖がらすホラーも
嫌いではないんですけど一番好きなのは人の心情に訴えるホラーです。
最高のホラーを見つけました。血は一滴も出ません。
さぁめくるめく好奇心の世界へどうぞ。


以下は動画を見終わってから見てください。

























如何でした?
オンカロの真の恐怖はフィンランドにはオンカロが存在すること作れることが
とても大きな幸運であるという事実です。
我が日本はどうか。オンドルの地層は1億年以上も変化がなかった地層を使い、
未来の安全のためにということを非常に重視した設計になっています。
日本は未来の安全のために保管場所を選定して設計できるのでしょうか。
そこに利権や目先の損得しか考えない人が入らないのでしょうか。
そもそもフィンランドのように長きにわたって安全な地層など存在するのでしょうか?







↑投票結果をクリックするとコメント等も見れます↑
  1. 2011/05/21(土) 21:01:54|
  2. 会員の主張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。